セラミドについて

MENU

セラミドは肌トラブルの救世主?

よく美容業界ではセラミドと言う言葉を耳にします。
私自身よくわかっていなかったため調べてみました。

 

以下をどうぞ。

 

セラミドがないと肌の水分量が80%も低下する
肌の細胞と細胞の間を埋め、水分を抱え込む働きをもつ細胞間脂質。この水分を抱え込む働きの主役になるのがセラミドです。もともと人の肌に存在していて、保湿力が抜群に高い成分です。

 

セラミドは水と結合し、湿度が0%になても蒸発しないうえ、肌からセラミドを奪うと、水分量が80%も低下してしまうくらい、水分を保つために重要な役割を担っています。

 

健康な肌は、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質にセラミドが十分あることで肌の水分をキープできています。

 

不健康な肌はセラミドが不足し、細胞間脂質が減ることで細胞はガタガタに崩れ、水分は肌の外に流れ出してしまいます。

 

40代になると20歳の頃と比べ肌のセラミドが半分に!?
セラミドは、肌のターンオーバーとともに作られます。加齢からくる代謝の衰えや乾燥、寝不足などの生活習慣が原因でターンオーバーが乱れ、セラミドはどんどん減少してしまいます。

 

セラミドは化粧品から補うことができるので、セラミド入りの化粧品でケアすることと洗いすぎないケアが大切です。

 

ニキビの原因の一つである肌の乾燥もセラミドを補給し水分量を高く保つことで改善に役立ちます。